真性包茎手術の治療費は?


真性包茎の治療費用は病院泌尿器科と包茎専門クリニックでは5倍近く違います。金額の差の背景には仕上がりの綺麗さ…という理由があるのです。病院泌尿器科と包茎専門クリニックの費用の差の理由を知ることで、コストも含めて正しいく治療機関を選ぶことができますよ。

 

真性包茎手術を保険で治療するといくら?

 

真性包茎手術を受けることができる医療機関は病院泌尿器科か包茎専門クリニックです。病院泌尿器科なら健康保険適用によって安く治療ができ、保険で治療すると2万円から3万円程度で真性包茎を治すことが出来ます。

 

 

しかし、2万円から3万円という費用は日帰り手術の最低限の費用であり、必要に応じて治療費が上がってしまいます。受診した泌尿器科が入院治療が必要と判断されれば、7万円から10万円は必要になります。入院により安全に真性包茎治療を受けることは出来るんですけどね。

 

 

更に、病院泌尿器科のデメリットとなる仕上がりの悪さによっては修正手術が必要になる場合があります。真性包茎の症状は手術によって改善されるのですが、ツートンカラーや見た目にコンプレックスを抱えてしまえば、女性や恋愛に対して大きな影響が出てしまいます。修正手術は包茎専門クリニックしか実施していませんので、自由診療で全額自己負担となり、10万円から20万円が追加で必要になります。

 

 

包茎専門クリニックの費用は?

 

包茎専門クリニックの真性包茎手術費用の相場は10万円から20万円です。治療費が高額ななる理由は健康保険は適用されず、全額自己負担で治療を受けなければいけないからです。いくつかのクリニックでは3万円から5万円と広告していますが、3万円から5万円という金額は仮性包茎の治療費であることに注意が必要です。

 

 

ただし、病院泌尿器科と異なる点はパッケージ治療費用を採用していることです。亀頭増大や長茎術などの追加のオプションをつけない限り、ホームページの金額がそのまま治療費となります。エステなどの美容業界の施術料金とは異なり、明確な料金で真性包茎を治療することができます。逆に真性包茎の治療とともに、ペニス改造手術を同時に行うことで、より費用が高くなります。病院とは異なり、クリニック側の営業行為には必要なければ断る勇気が大切です。

 

 

また、安いクリニックを選択することで、より費用を抑えることができます。有名な大手クリニックは比較的費用が高いことから、安くて安心できるクリニックを探すことで、コスト的にも満足いく治療を受けることができます。

 

 

なぜクリニックだと治療費が跳ね上がるの?

 

病院泌尿器科の2万円から3万円という費用に対して、包茎専門クリニックの真性包茎手術費用は10万円から20万円と割高です。その理由は病院泌尿器科と違い、仕上がりを意識しているからです。病院泌尿器科は単に真性包茎の症状を改善することを目的としていますが、包茎専門クリニックは施術後の仕上がりの綺麗さも同時に追求しているんですよ。

 

 

包茎専門クリニックの技術力の高さの違いは先ほどお話しした目的以外にも、圧倒的な実績の差にあります。包茎専門クリニックでの手術のほとんどは包茎手術であることに対し、病院泌尿器科では包茎手術の件数は公表されておらず、実績を売りにしている泌尿器科はまず見つけられないでしょう。場合によっては初診は泌尿器科でも手術は整形外科…というとんでもない病院もあります。

 

 

包茎専門クリニックで費用を抑えて真性包茎の治療を受けたいと思われているなら、ABCクリニックなどの安さと仕上がりを両方追求しているクリニックがよいです。大手クリニックのいわゆる有名税を払う必要なく、今まで20万人以上の治療実績を誇っています。真性包茎を割引制度などを活用して10万円で追加の料金の設定がない点も安心して治療を受けられる要素ですよね。