真性包茎 手術をするならどのクリニックがいいの?


真性包茎手術は安くてきれいなクリニックを選びたいですよね。病院の泌尿器科なら一番安く手術ができますが、安ければよいというわけではありません。病院や包茎専門クリニックと違いを知ることで、一生に一度の失敗しない真性包茎治療を選ぶことができますよ。

 

病院の泌尿器科なら治療費が安い!

 

真性包茎の治療をなるべく安く抑えたいなら病院の泌尿器科がお勧めです。なぜなら、健康保険を使って治療を受けることで治療費が2万円から3万円で手術を受けることができるからです。しかし、安いからといって綺麗に仕上がるのかといえば、そうではありません。

 

 

真性包茎の手術によってペニスがツートンカラーになったり、不感症になるケースがあります。病院での治療によっていわゆる手術の副作用が生じやすいんです。その理由は、病院は包茎手術の症状を改善することが目的で、仕上がりのきれいさを追求しているわけではないからです。治療実績も少ないので仕上がりのきれいさを追求することすら難しいかもしれません。

 

 

いくら真性包茎が改善されたとしても、明らかに手術したことが分かってしまえば、また違ったコンプレックスを背負うことになります。安いことは間違いないですが、デメリットがあることをある程度覚悟しなければなりません。

 

 

治療費が高いがクリニックがオススメ

 

真性包茎手術の仕上がりのきれいさを追求するなら病院の泌尿器科ではなく、包茎専門のクリニックで手術を受けるほうがよいです。クリニックなら治療実績も豊富で、技術力が高いためです。しかし、費用が高いというデメリットを避けることはできません。

 

 

一般的なクリニックの真性包茎手術の費用は15万円から20万円です。仕上がりのきれいさを追求するなら手術痕が目立たない環状切開術などを選ぶことになりますが、更に費用が高くなります。その分、手術したことが分からないくらいきれいに仕上げることができますよ。女性にも手術したことがバレることはまずありません。

 

 

病院で手術を受けた後、手術痕が残ったり、裏筋が切れてしまい不感症になるなどの副作用が我慢できず、クリニックで修正手術を受けるケースも見られます。当然、更に費用がかさみます。病院で仕上がりが悪かったと後悔するだけでなく、お金を損することにもなりかねないんですよ。

 

 

クリニックでも治療費が安く、技術力が高いところもある

 

手術の費用が安いなら病院で治療するけど、クリニックなら費用は高く仕上がりがきれい…。多くの人がジレンマを感じています。そんなジレンマを解消する方法が安くて仕上がりのきれいなクリニックを選ぶことです。さすがに病院の手術費用まで安く…とはいきませんが、保険適用の治療費に近づけるにはクリニック選びがポイントとなります。

 

多くのクリニックでは費用の安さは手術痕のリスクを高めます。安く済ます、イコールレーザーメスやクランプなど手術用具を用いて手間を省くことにつながるからです。ABCクリニックは安さと施術レベルの低下とは関係なく手術を行っているクリニックです。他院の修正手術を年間1,500件以上行っているスキルを持っています。

 

ABCクリニックでは真性包茎Sカットという手術を行います。全て専門医の手作業による手術ですので、傷跡が残りづらく、環状切開術の切除位置も傷が目立たないところに決められます。特にツートンカラーになりにくく、仕上がりのきれいさを求められます。

 

また、早期予約による割引制度3,30,3(サン,サン,サン)プロジェクトを活用することで、15万円の真性包茎手術費用が10万円前後で受けられます。また、追加治療も30%オフで受けることができるなど、充実した割引制度でお得に治療を受けられますよ。