真性包茎でもセックスは出来るの?


今このページを読んでいる人は真性包茎のためパートナーへどんな影響があるか?包茎手術は必要なのか考えているのではないでしょうか?このページでは真性包茎とセックスの関係を解説しています。実際にセックスをしている人もいますが、病気のリスクも同時に抱えています。今行っているセックスの危険を把握することで、パートナーへのいたわりが生まれますよ。

 

真性包茎でセックスの時に起こる弊害は?

 

真性包茎であっても全くセックスができないわけではありません。実際に真性包茎でもセックスをしているという人はたくさんいます。ですが、セックスの際に起こりうる弊害は理解しておいたほうがいいですよ。自分だけでなくパートナーにも影響があることですから…。

 

 

真性包茎も勃起すれば挿入することができます。ただし、挿入時に痛みを伴う可能性があります。マスターベーション時に痛くなくても、セックスの際激しく出し入れすることで、亀頭と包皮の癒着部分や包皮口に痛みを感じることがあるんです。

 

 

また、亀頭が包皮に包まれているため、カリ首が膣壁に刺激を与えられません。女性はカリ首の刺激が良いという人が多いんです。それに、亀頭が露出していないので刺激に弱くなります。そのため、挿入時の男性側の刺激に耐えられず早漏になりやすいです。全体的に満足いく刺激をお互い感じることができず、セックスが原因で男女関係が冷えてしまうかもしれません。

 

 

ムリにセックスした場合どうなるの?

 

ムリにセックスすると自分のペニスに痛みを感じたり、パートナーを結果的に傷つけることがあります。なぜなら、包茎口が狭くHの際に広げられる力が加わり、包皮口や亀頭との癒着部に痛みを感じるからです。パートナーは直接傷つけるのではなく、ヒトパピローマウイルスによって子宮がんになる場合があります。真性包茎の弊害を知っておくと、自分もパートナーも守ることができるんです。

 

 

挿入時に痛みを感じる包皮口や亀頭との癒着部分は、激しくHをすることで深刻な痛みに変わることがあります。女性の膣もセックスの際に常に濡れ続けるわけではありません。濡れ方が中途半端だと、無理に皮がむけてカントン包茎になり亀頭を締め付けられることがあるんです。

 

 

包皮が亀頭を常に覆っている状態のため、間に恥垢が溜まりやすくなります。溜まった恥垢は雑菌やバイキンの温床となり、性感染症にかかりやすくなるんです。自分が性感染症になるだけでなく、パートナーにも病気をうつしてしまう可能性があります。尖圭コンジローマに感染している場合、ヒトパピローマウイルスが子宮頸ガンを引き起こす可能性もあります。

 

 

真性包茎でもセックスが出来るが・・・

 

真性包茎でも性行為をすることはできます。ただし、今はまだ自分やパートナーへの影響を感じていないだけで、普通のペニスに比べて確実に性感染症のリスクは高いんです。包皮が亀頭を常に覆っているだけではありますが、自分やパートナーの心と体の両方に影響していることを忘れてはいけません。

 

 

自分自身の弊害としての性感染症は、そのままパートナーを危険に晒すことになります。一時的な性感染症なら良いのですが、梅毒やHIV感染など思い性感染症にかかってしまったら日常生活にまで影響が出ます。

 

 

パートナーも性行為時に不安を覚えるだけでなく、オーラルセックスに対する嫌悪感、コンドームがずれやすいなどの避妊に対する不安などをぬぐい去ることはできません。不安は不満になり、そして恋愛感情や家族愛まで影響するかもしれませんよ。

 

 

欧米は真性包茎が当たり前だという口コミもありますが、性感染症や恋愛感情に対する悪影響に目を覆っているだけのように感じます。事実、病気のリスクがあるわけですので、治療する必要がないという人は、自分の状態を言い訳しているよう。自分の将来やパートナーの体、心のことを考えると、包茎手術を行うことは大切な選択です。